2013/09 ネパール ヒマラヤフライト

小さな飛行機でマウンテンフライトへ

昼近くなればなる程、雲に覆われてヒマラヤを見る事ができません。
ホテルで予約するとキャンセル時も返金なし・・・天候が変わりやすいネパールでは欠航も十分に考えられる・・
息子の一言「町へ行けば大丈夫、値下げ競争はあるはず街の旅行会社に行ってみよう」と大賛成。
そこで、お値段も3000円/人程安く、キャンセルの場合は返金OKと・・・・
インドから持ち込んだ高額紙幣を使う事ができなくて困っている事を話すと高額紙幣での支払いで受けてもらえました。日本語ペラペラな若い社長さんで、とても親切な旅行代理店でした。
そう言えば、インドの高額紙幣は偽札が多くて近隣国では使えないとインドの親切なタクシー運転手が言っていたな。本当でした。
翌朝7時出発の便が予約できました。


早めにホテルを出て空港についたんですが、大勢の人がいます。
案の定・・・・ネパール時間なのか、天候のせいなのか 始発便がまだ飛んでいなかった。

あー・・・こんな遠くまで来たのに一番の目的を果たせずに帰るのかぁ・・飛んだとしても雲だけを眺めることになりそうだなと思いつつ、

待って、待って 10:00・・・やっと飛び始めた、私たちは10:30に搭乗することができました。
CIMG2251_2013121000473202a.jpg

P9140006.jpg

10人乗り位の飛行機なので、ヒマラヤ上空に到達すると一人づつコックピットに呼んでもらえて、「あれが○○」「こっちが○○」とパイロットが山々の説明をしてくれて、写真を撮ることができます。
P9141812.jpg

ヒマラヤの山頂が雲海から顔を出しています。
CIMG2265_201312100047339b7.jpg

少しづつ近づいてきます
CIMG2289.jpg

こんなに真近に・・・高度6000mから見ています感動です!!
多くの人が挑戦し、切り立った山々は堂々と私の目の前にあります。重ねて感動です。
1時間位の遊覧ですが、沢山写真が撮れました。
確か、この山はアンナプルナⅠ?Ⅱ?だったような。山の名前を言われても覚えられませんでした。
ガイドブックを見ながら確定作業に入ります。
CIMG2290.jpg

搭乗証明書を漏れなくいただけますよ。
定年したらまた来たいな、次はポカラやジョムソンまでのんびりと行ってみたい。
ここなら、3か月位いてもいいかな。

午後は、ナガルゴットへ
タクシーをチャーターして向かいます。
運が良ければ200kmにも連なるヒマラヤの山々が見られますが、やはり午後は雲に覆われていました。
途中の休憩所?カフェ?がピンクや黄色、水色だったりしてポツンと小屋風にたっていて、とてもかわいい景色が続きます。
アルプスの少女ハイジを思わせる景色です。
P9150154.jpg

これ、雲の中を抜けて頂上を目指してます。
P9150183.jpg

頂上の展望台・・・若者でないと登れませんよ、梯子が宙に浮いてる状態だから、よじ登る体力がないと無理なんです。はしごに手を伸ばしている人いますけど懸垂逆上がりができないと無理だな。
なんで、こんな中途半端な物を作るかな?
P9150222.jpg

雲の上は快晴、頭皮がヒリヒリと熱い。
P9150190_2013121001221245e.jpg


旅の最終日は、ホテルのすぐ前にあるガーデン オブ ドリームズ(入園料が必要)へ、宮殿の庭を6年かけて修復した所らしいです。
本を読んでのんびり過ごしたり、ホテルのプールサイドでお茶したり・・
P9150248.jpg

とてもすてきな庭園です。カトマンズの町との格差があまりにあり過ぎて戸惑います。
中にレストランもあって優雅です、利用者のほとんどが白人ですが、背もたれ付のクッションシートが用意されているので、好きな所にゴロゴロできます。
日本にも、このゴロゴロシート公園にあるといいのにな。
P9150250.jpg

暑い中せせこましい街を旅してきて、ココは空気がヒンヤリして時間が止まったかのようで、落ち着くなー。
IMG_0964.jpg

でも、母はバザールに戻ってお土産を買いたいのよ~と、
IMG_0925.jpg

上海経由で帰国です。
上海では時間があるのでチョットだけ、息子の滞在していたドミトリーを訪ねて帰ります。

一日も雨に降られることもなく、楽しい思い出とともに息子の成長を実感して旅が終わります。

母を連れての旅、ご苦労様でした。ありがとう最高に楽しかったよ。

次は、ヨーロッパへ行きたいな。行けるといいな。

あなたのブログにコピペで貼っていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2013/09 ネパール カトマンズへ

ネパールは今、雨季の終わり頃、ヒマラヤが見られるかどうか、運を天に任せカトマンズに到着です。

子供の頃に思い描いた世界の秘境は、今や都会。
排気ガスで街が霞んでいます。
P9131754.jpg

カトマンズ中心部にある旧王宮広場(ダルバール広場)は、今日は小学生のイベント。
お揃いの衣装とメイクで歌や踊りをステージ上で披露、父母も参加してにぎやかに行われてました。
P9140046_20131209000032394.jpg

カトマンズ(パタン、バクタプル地区)には古い建物や遺跡がたくさんあります。
カトマンズから半径20㎞以内に集中しています。
木造5F建て、レンガや石と組み合わせてできています。
確かネワール建築だったような。王宮だった所です世界遺産なんです。
各町に入るのに入場料が必要です。外国人観光客は800円(3日間有効)程度払い、尚且つ建物に入るのに又お金を払うんですが、素晴らしい建物なので保存の為には仕方ないですね。
CIMG2361.jpg

CIMG2340_20131209230254b37.jpg

凄く細かな彫り物 
CIMG2339.jpg

独特な造り
CIMG2316.jpg

CIMG2318_20131209230249480.jpg

P9140081_2013120923024861d.jpg


お土産物屋と飲食店多いのは衣類、紅茶、フェルト、ニットのお店
アサン・チョークからインドラ・チョークへ 道は細い路地ですが単純明快で分かりやすい。ココなら私も多分迷わない。
CIMG2391.jpg

インドに負けないくらい、いいえ、インド以上に活気があって人が多い、観光客はアメリカやヨーロッパからのトレッキング目的が目立ったけど、中国系の観光客が物凄く多い・・近いからかなぁ。
でも、町はインドよりキレイだよ。
ただ、繁華街から一歩でると、歩道は崩壊している所が多いから、ものすごく歩きづらいし、大きな穴も開いてるからね。注意しないと・・・
CIMG2366.jpg

空気が汚いから、マスク持参は必須とありましたが思ったほどではなかったですね。
野菜や果物も気候がいいからでしょうか豊富にあります。
スーパーには、柿なのどの日本でもおなじみの果物が沢山ありましたよ。
CIMG2369_20131209234801e37.jpg

CIMG2401_201312092347587d1.jpg

この人たち修行中のインド人サドゥーなのかな?
写真を撮ったら、すかさず日本円にして30円ほど請求されました。
もちろん、お支払しました。高齢者には優しく。
CIMG2343_20131209234802202.jpg

とにかくお土産物屋が楽しい、フェルト製品がすっごくかわいいですよ。
フェルトの室内履きも可愛かったので孫に購入。
大人用もありますが、サイズが小さいのとフェルトですが靴下を履かないとチクチクしそうな感じなのでパスしました。
IMG_0958.jpg

本当にお店の中が可愛いんですよ。
一日中見ていても飽きない感じです。
仕入れてネットショップで販売したいくらいですが、海外品質なので大量買いはあきらめました。
IMG_0959.jpg

こんな可愛いデザイン誰が考えたの?現地の人?
IMG_0956.jpg

CIMG2363_20131209234800549.jpg

<食べ物編>
なぜか、日本料理屋が多くて日本料理には事欠きませんが、お店は思った以上に古いですから・・・
親子丼とかつ丼をいただきました。
味はちょっと昔の日本家庭風の味付けでした。
P9131775_2013120923475701c.jpg

お洒落なカフェもありましたが、あえて息子チョイスの広場の脇にあるボロボロのカフェへ。
しかし、冷たいコーラが有難く、プティングやケーキの美味しさは日本と変わらず 満足!!
CIMG2336_20131209225306f83.jpg

カフェの外観です。カフェに見えないって?でも中は満席
CIMG2334.jpg

インドで飲んだラッシー&サモサは”ありえへん”味でしたが、ネパールのラッシーは日本の飲むヨーグルトと同じ味で美味しい、上に数種類のナッツがトッピング、地元の人も並んで買ってました.日本でも売れるなコレ!
CIMG2347_201312100001101b2.jpg

ネパールの代表的料理 モモ モモセンタ-で食べたかったんですが、場所が分からず、地元客の多い店に入って食べてみました。
ハッキリ言ってギョーザです。しいて言えば日本の餃子より肉の割合が多いくらいでしょうか。
ココの店のは、小籠包に似た形で作られてました。
P9140119_20131210000112e09.jpg


タメル地区のネワール伝統料理を食べに タメルハウスへ
100年以上前の建物がレストランになってます。
落ち着いた中庭の席で、外の喧騒を忘れて落ち着ける時間でした。
P9150242.jpg

食べるとどんどんお変わりが運ばれてきます。
豆は、干したまま味付けしたようで固い固いでも美味しい。
イノシシ肉、鶏肉など数種類の肉と野菜がのってます。
ネパール料理はメチャメチャ美味しいと言うわけではないですが、十分に楽しめる味です。
IMG_0951.jpg


ホテルは、シャンカール(王族の宮殿をホテルにした所)に宿泊。
本当は、デュワリカという13~15世紀に建てられた建物がホテルになっている所にしたかったけど予約とれず。
P9131758.jpg

ネパールは物価は驚くほど安いけど、ホテルは日本より高いくらい、観光客価格ですね。
P9131759_20131209233818686.jpg

IMG_0908.jpg

広い部屋に満足!!でも風呂の水は黄色く濁っていて、停電は無いとかいてありましたが、入浴中に停電し、非常灯もないのでバスルームで身動き取れず、正真正銘の真っ暗闇を経験、町中真っ暗なんだろうなと考えながら、だんだん冷たくなる湯に浸かり復旧を待ってました。
P9131761_201312092338206fd.jpg
P9131766.jpg

明日はいよいよヒマラヤだ!マウンテンフライトへ、
ウルトラライトプレーンでヒマラヤを上空から眺めたかったけど、ちょくちょく落ちて死亡事故多しと・・・やめときます。

あなたのブログにコピペで貼っていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2013/09 インド旅行 バラナシ編

2103/09  インドでも有名なガンジス川沿いにガード(火葬場)が沢山あるバラナシへやってきました。

火葬している所が見たいわけではないのですが、沐浴風景と広大なガンガー(現地ではガンジス川をガンガーと呼びます)から見る朝日と夕日、なぜ人は朝日と夕日に、こんなに惹かれるのでしょうか?

今度は電車ではなく、airインディアを利用してアグラからあっという間にバラナシの町へ到着です。
空港を降りて何だかイヤな予感がします。
街へ向かう途中、ホテルらしき建物が見当たりません。
ネットで予約して向かうホテルはどんな所でしょう不安です。

まずまずのホテルで一安心、白人観光客が殆どで良かった。
ごはんは期待できそうだ。

やっぱり、人人人・・・水牛水牛水牛・・・犬犬犬・・・牛牛牛・・・
P9121525.jpg

道路を平然と水牛の群れが歩いてます。
「どこに行くの?」
「ガンガーだよ」牛もガンガーかぁ・・・「水牛は牛じゃないから、食べても大丈夫だよ」ってどう見ても牛でしょ。
P9121510_20131208184017f68.jpg

ガンジス川やその支流の川岸は、ゴミで埋め尽くされて、あちこちで火がくすぶって黒煙をあげています。
P9121429_201312081840207ab.jpg

今まで見た犬よりチョット賢い犬です。
踏まれない様に一段上に上がって寝ています。これなら怪我しなくて済むね、お利口さんね。
P9131749_20131208184019c0c.jpg

またまた、「連れて行ってくれ」なんて一言も言ってないのに、「近いから、せっかくだから、きれいだから」何だかんだと・・・日本寺へ
P9121400_2013120819015586b.jpg
P9121402.jpg

そしてサルナートへ
P9121412.jpg

そして夜になるとここでプジャーがあり、とても幻想的で美しいと・・・でも今昼間だし・・ココは何処?
チョット的外れな案内だけど、とても親切な運転手さんありがとう。
P9121486.jpg

ガードは昼間は、子供たちの遊び場なんですね。
でも、ゴミとアオミ泥って言うのかな この水は・・元気に育て!!インドっ子!!
P9121490.jpg

ブッダ(釈迦)が初めて説法をした場所、仏教徒の聖地です。
ムールガンダ・クティー寺院。
瞑想中の方がいらっしゃいました。
P9121395.jpg

学校から帰る子供たち、色々な制服の子がいて、とにかく学校は沢山あるみたいです。
P9121479.jpg

またまた、知らない女性がうちの子を撮ってくれ。と
P9121473.jpg


いよいよ、ガンジス川沿いの町に、川に向かうまでが迷路のような細い道が続き、お土産物屋が続きます。
殆ど、外国人観光客に合うことはありません。
P9121557_20131208192413eee.jpg

国内の地方から来ている人が殆どなんでしょうか?
P9121599_20131208192415a9b.jpg

ガンジス川に花を流すようですが、残った花を牛が食べてます。
狭い通路に牛と人とバイクが行きかい、とてもせせこましいと言うか・・
石畳は牛のウ○コが至る所に、みなさん裸足で歩いてます。
ウ○コで何度も滑って転びそうになりながら進みます
P9131746_2013120819431792d.jpg


ここの先がガンジス川です。
P9121546.jpg

ほらね。
P9131609.jpg

沐浴をしている人、それを見ている人、祈っている人
火葬もすぐ近くで行われていて、朝早くから夜遅くまで続きます。丸太を組んだん中に人らしき物体が・・燃えてますと言いたい所ですが、原型をいつまでも留めてます。
ガンジス川沿いには幾つものガードと呼ばれる火葬場があって 一つのガードで日に300体焼くんだと地元の人が言ってました。
インドでは、ガードで火葬されると生きていた時の罪が消えるから、インド中からこのガンジス川に火葬してほしくて集まってくるんだそうです。
火葬場には親族の女性は入れない、理由は女は泣くから、泣くと成仏できないらしいです。
子供は、何の罪も犯していないので火葬をせず、そのままガンジス川に沈めるそうです。
この奥に何百もの遺体があるけどみるか?と聞かれ、やめときました。
もちろん写真撮影も厳禁です。
P9131610.jpg

2か月前にガンジス川が氾濫して、石段の上や建物の1F部分にも土砂が残ってぬかるんでいます。
P9131627.jpg

明日の朝は、この船でガンジス川から朝日を見る予定でいます。
ボロボロなんですけど、どうかバランス感覚の悪い私が落下しませんように。
P9131615_20131208194315657.jpg


迷路のような街を右へ左へウロウロしながら、陽が沈みプジャーが始まるのを待ちます。
息子の方向感覚の素晴らしさに脱帽・・私一人になったら一生この迷路から抜け出せないよ きっと。
P9121570.jpg

P9121571.jpg

P9121572_201312081936303c9.jpg

プジャーの始まりです。
本当は、川岸の階段の所で行われるんですが、洪水で使えないので建物の屋上で行われています。
P9121589_2013120819363276d.jpg

明日は、朝日を見た後は何をしようかな。

あなたのブログにコピペで貼っていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2013/09 インドバラナシ2日目  

インドバラナシも2日目丸丸一日

朝日を見にガンガーへ広大な流れの向こうに朝日が・・・すでに昇ってました~あれれ?
でも、幻想的です。
余りに川幅が広くて向こう岸が霞んで見えます。(空気が汚れているせいもあるかもしれませんが)
P9131683.jpg

我ながらいい写真。と思いきや・・息子が撮った一枚でした。
額入り決定!!
CIMG2193_201312082014349dc.jpg

CIMG2192_20131208201435d88.jpg

船から川岸を写真に撮ります。
CIMG2197_2013120820143712a.jpg

船は何艘も出ていて、どの船も満席こんな感じです。
ココで日本人と同船となりました。久々の日本人なんだかホッします。
CIMG2188_201312082014382ba.jpg

ここでも、食べ物にはやや不自由してます。
ホテル以外で食事ができない・・・できそうな所がない・・飲まず食わず でも油断すると人や車、リクシャーにぶつかるから緊張感一杯で殆どお腹が空かず・・だからトイレも行かずに済んで良かった。

香辛料にウンザリした私たちは、地球の何処にでもマクドナルドはあるはずだと・・・
ありましたよ。
冷たいコーラよ!ハンバーガーよ!フライドポテトよ!今行くからねェ~

コーラは大正解だったものの、ハンバーガーはベジorノンベジ?折角だから、両方お願いして持ち帰り~
IMG_0889.jpg

結果は、有り得ない不味さで食べられませんでした。香辛料ワンサカ 
明日、私たちがここを出てこの部屋の掃除にきた現地の人は、ゴミ箱の中身を見てなんと思うんだろう。
インドには一日3食を食べられない人も沢山いるのに・・・失礼な事ですよね複雑な気分です。
でも、たった一杯のコーラで生き返ったような幸せを感じました。
日本に生まれた幸せを一杯のコーラで改めて知った一日です。
IMG_0888.jpg


明日は、ネパールへ
ずーと見てみたい行ってみたい神々の座ヒマラヤ山脈へ







あなたのブログにコピペで貼っていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2013/12/04 祖父江町銀杏祭り

2013/12/04 今年も祖父江町の銀杏祭りに行ってきましたよ。

12/04は銀杏祭り最終日とあって、銀杏の歯も色あせつつありましたが、銀杏には色々種類があるようで
黄色く色づいた美しい木も沢山あって、にわかカメラおばさんと化した1日でした。

多くの方が、一眼を片手に構図を決めているのか・・・高齢者になって趣味があるっていいことですね。
                         そうだ、そうだ。
                        PC040079.jpg
関係ないけど落ち葉フカフカで気持ちいい!!
PC040089.jpg

                  仲良し家族 ちこ一家です。
                  PC040146.jpg

今一つ、信頼関係の築けない兄弟です。
PC040144.jpg

             お天気も最高、ポカポカ汗ばむ一日でした。
            PC040101.jpg
紅葉がこんなにキレイなんですよ。
PC040029.jpg

雲一つない青空とのコントラストがキレイ!!
PC040100.jpg

すっかり写真に夢中で、遅くなった我々は半田中央インターから3分の場所にある
「ドッグカフェ GreenGables(グリーン・ゲーブル)」へ

PC040158.jpg
             PC040164.jpg
                           PC040168.jpg

PC040172.jpg

今日も、素敵な一日をありがとう。




あなたのブログにコピペで貼っていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ワンコとおでかけ
ジャンル : ペット

これぞ本物!!添加物0 犬おやつ

私の、お友達が本当に犬にやさしい、本物の「犬おやつ」を開発しました。

香りがとにかく素晴らしい、私は塩コショウで食べたことがあります。

だって、添加物は皆無だから、安心・安全 人間も食べられるんですから。

うちの子たちもこのオヤツで躾もやる気モリモリ。

うちの福ちゃん おやつ欲しさに、諦めていたフリスビーキャッチできるようになりました。(youtube or にこ動で見てね)


2013年12月1日OPEN です。
 ちこちゃん家の手作りおやつ
       ↓


ライフマトリックス

ライフマトリックスだよ。ポチってショップへジャンプ

 

あなたのブログにコピペで貼っていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

saeko mamma mia

Author:saeko mamma mia
Wanco.Asia(手作りドッググッズ)

念願のネットショップ始めました。
ご来店、お待ちいたしております。


http://hime.daa.jp
福助&ぴぃ助ホームページにも遊びに来てくださいね。

犬連れ生活、大きな変化は無いけど小さな気付きや感動。
大人おもしろ、おかしい生活を綴ってます。
☆犬の学校
☆ドッグカフェ
☆お出かけ
☆犬用グッズ制作 etc...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

犬族・猫族・大家族

ROYとまめきち
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR